不動産売却の即金即買と仲介の違い

【無料】イエウール机上査定

【無料】イエウール机上査定


イエウールはWEB上で不動産一括査定ができます。
机上査定なら営業などの勧誘もなく安心です。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

 不動産売却における即金即買

 

不動産の売却をするにしても、いくつかの方法があります。そのひとつとなるのが即金即買という方法です。名前の通り、これは不動産会社が即金で不動産を買い取ってくれるものになります。通常であれば不動産の買い手を見つけるために時間をかけるのですが、この方法の場合には不動産会社が買い手となります。そのため、買い手を見つける必要がありません。
不動産会社がそのまま買い手となってくれるので、買い手を見つけるまでの時間を節約することができます。しかしながら、即金即買の場合には、その買い取り価格にはあまり期待が持てません。というのも、もともと不動産会社というのは不動産をなるべく安く買い取ろうとするものだからです。
もちろん、安く買って高く売るというのはすべてのビジネスにおける基本です。不動産会社が買い手となるからこそ買い手を探す手間や時間を省くことができるのですが、不動産会社に買い取ってもらうからこそその買い取り価格も期待できないというのが即金即買という方法なのです。ただ、早くに売却したい方にとってはありがたい方法でしょう。

 

 不動産売却における仲介

 

イエウール机上査定を利用する方であれば、基本的には不動産会社による仲介で不動産売却をおこなっていくことになります。先でお話しした即金即買は不動産会社そのものが買い手となる方法でしたが、仲介となると不動産会社はあくまでも仲介役になります。実際に、不動産を購入するのは別になります。
不動産会社は、不動産売却の仲介ということで、不動産を購入してくれるところを探してくれます。もし不動産を買い取ってくれる相手が出てきて、そこで契約が成立したら不動産には仲介手数料を払うことになります。人によってはまどろっこしく思えるかもしれませんが、プロである不動産会社に仲介をお願いすることによって不動産がより高く売れる可能性が出てくるのです。
不動産会社が買い手を探してくれることになりますので、やはりそれなりの時間はかかります。しかしながら、不動産会社に任せるからこそ、時間がかかっても不動産がより高く売れるかもしれないのです。今すぐ手放したいという方には不向きかもしれませんが、時間をじっくりとかけてでもより高く売りたいという方には不動産会社による仲介がいいでしょう。ただ、仲介してもらう以上は仲介手数料のことを忘れないようにしましょう。