住宅ローン中でも不動産売却できる?

【無料】イエウール机上査定

【無料】イエウール机上査定


イエウールはWEB上で不動産一括査定ができます。
机上査定なら営業などの勧誘もなく安心です。
もちろん机上査定の利用は完全無料です。


机上査定はこちら

 

 不動産売却をする方の多くが住宅ローン返済中

 

イエウール机上査定をおこなう方の多くが不動産売却を検討しているかと思います。しかしながら、その不動産に住宅ローンが残っているということもあるでしょう。人それぞれさまざまな事情があるでしょうから、住宅ローンの返済中であっても不動産を売却しなければいけないということもあるでしょう。
ただ、住宅ローンの残っている不動産を売却できるのかという部分が気になるかと思います。結論からいうと、住宅ローンが残っていてもその不動産を売却することはできます。実際に、不動産売却をする方の多くが住宅ローンを残したまま不動産の売却に進んでいるのです。もはや当たり前といってもいいかもしれません。
例えば、マイホームとしてマンションを購入したものの、その後でいい一戸建てを見つけてしまったとします。マンションの住宅ローンが残っていてもそれを売却して、売却したお金で住宅ローンを完済し、さらに新しく一戸建てを購入するということも可能なのです。実際に、こういった形で住宅ローンの残っている不動産を売却している方は少なくありません。

 

 不動産売却と同時に一括で返済しなければいけない

 

ただ、注意しておきたいのが不動産売却と同時に住宅ローンを一括で返済しなければいけないということです。これは住宅ローンの残っている不動産を売却するにあたっての大前提になってくる条件です。住宅ローンというのは言ってしまえば、長期的な借金です。だからこそ、しっかりと返済をしなければいけませんし、完済しなければいけないのです。
住宅ローンの残っている不動産を売却してもその金額が完済には足りないということもあるかもしれません。そういう場合には、そこに貯金などをプラスして完済していくことになります。しかしながら、貯金というのは限られていますし、簡単に増やすことはできません。ですが、不動産を売却する際の金額というのは増やすことができます。
不動産の売却にあたっての金額というのは、思っている以上に上下するものです。ひとつの不動産会社にしか査定をお願いしなかった場合には安く買いたたかれてしまうかもしれませんが、複数の不動産会社からの一括査定をお願いしておくと不動産の売却金額もアップする可能性が出てきます。住宅ローンを完済するためにも、できるだけ不動産を高く売却することを考えるべきです。